技術的なご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

会社概要・沿革

東京都大田区に工場を構え、北海道から九州まで全国対応

会社概要

社名 株式会社 加藤研磨製作所
代表者 代表取締役 加藤 義弘
設立 昭和29年(1954年)11月1日
資本金 700万円
所在地 本社・工場 
東京都大田区西糀谷2-7-3 
TEL 03-3745-6321(代表) 
FAX 03-3744-5002

第二工場 
東京都大田区大森南4-6-15 
テクノFRONT 森ヶ崎 105号
従業員数 48名

会社沿革

1946年 東京都大田区鵜の木において、研削加工及び自動車部品製造を主業務 とする加藤製作所を設立。
1954年 東京都大田区東蒲田にて合資会社加藤研磨製作所を設立。 各種精密研削加工ならびに各種治工具、ゲージ類、精密機械部品の製作を始める。
1987年 大田区西糀谷2-7-3に本社工場を建設
1992年 恒温検査室完成。三次元測定機、真円度測定機、形状測定機等購入。
1992年 ワイヤ放電加工機、放電加工機導入
1995年 NCプロファイル研削盤導入
1997年 ワイヤ放電加工、放電加工を主とする第二工場を設立。
1997年 NC治具研削盤導入
2000年 フライス盤、マシニングセンター導入に伴い第三工場を設立。
2001年 大田区西糀谷2-7-3に本社工場を増設
第二工場の設備を本社工場へ移動。
2002年 施盤、NC施盤を第二工場に導入
2008年 大田区工場アパート、テクノFRONT森ヶ崎に新工場を立ち上げる。
第二工場、第三工場にあった切削加工部門を集約する。
2011年 合資会社から株式会社へ組織変更
2011年 カールツァイス社製 三次元測定機導入
2012年 日進機械製 CNCセンタレス研削盤導入
2015年 JTEKT社製 CNC円筒研削盤導入
アマダマシンツール社製 CNCロータリー研削盤導入
2016年 スチューダー社製 NC内面研削盤導入
テーラーホブソン社製 表面粗さ形状測定機導入

アクセスマップ

本社・工場

お車でお越しの場合

首都高速道 羽田ICより5分

各種交通機関でお越しの場合

京浜急行本線
京急蒲田駅から徒歩14分

京浜急行空港線
大鳥居駅から徒歩12分

京浜急行空港線
糀谷駅から徒歩13分

京浜急行バス
仲糀谷バス亭から徒歩2分

本社・工場
本社・工場

第二工場

お車でお越しの場合

首都高速道
羽田ICより10分

各種交通機関でお越しの場合

東京モノレール
昭和島駅から徒歩10分

京浜急行バス
森ケ崎バス亭から徒歩4分

第二工場
第二工場